事業案内

電気給湯器





なぜ今エコキュートなの?
地球に優しい、あなたに嬉しい、エコキュート

フロンではなく自然界に存在するCO2を冷媒(※1)として有効利用。
CO2冷媒とは一般に自然界に存在する物質で、可燃性、毒性もありません。
オゾン層への影響ゼロ、地球温暖化係数はフロンの1/1700。

さらに、CO2冷媒は加熱能力にすぐれているため、ヒートポンプ方式(図)により、90℃のお湯を沸かす事が可能に。
電気とCO2の力を合わせてお湯を作るので高効率で省エネ効果。
だから、電気はこれまでの電気温水器にくらべてわずか1/3 。もちろん電気代も1/3に。



日本は1990年に京都議定書を批准し、2012年までに1990年比、温暖化ガスの6%削減を世界に約束しました。
ところが、2007年度には約9%も増加しています。家庭部門に限ると31.4%も増加しています。
家庭の消費エネルギーの3割は給湯、つまりお湯を沸かすことに使われているのをご存知ですか?
そこで、国は京都議定書目標達成のために2010年までにエコキュートの520万台普及を指標としています。


経済的



エコキュートの1ヶ月のランニングコスト




【エコキュート料金算出方法】

●九州電力: 「季時別電灯」(基本料金を除く)
●使用量:140kWhとした場合。(沸き増し・保温は考慮していません。)
※当社試算(年間平均値)。給湯負荷はIBEC-Lモードの43℃換算湯量を該当エリアの給水水温で換算して算出。電気料金は季時別電灯契約または時間帯別電灯契約料金の数値を使用。
※お湯の使用量または季節によって電気代の変動があります。 ※季時別電灯、時間帯別電灯の昼間の料金単価は従量電灯契約に比べ割高になります。







製品ラインナップ

給湯機のタイプや圧力種類を比較いただけます。