製品安全に関する重要なお知らせ

ホーム製品安全に関する重要なお知らせ>お湯も水も出ない場合、エラー表示:E25について

お湯も水も出ない場合、エラー表示:E25について

湯も水も出ない、配管が凍結してしまったら

お湯も水も出ない場合は、配管の凍結の可能性があります。

その場合は、自然に解凍するまでお待ちください。
水栓から湯水がでるようになりましたら、給湯器やその周辺の配管から湯水が漏れていないかを確認してからご使用ください。

給湯配管にお湯をかけて解凍をすることは、給湯器や周辺の配管,部品の破損の原因となりますので、ご遠慮ください。

周辺の配管,部品に対する凍結防止のための断熱材や保温ヒータによる保護工事は機器をお買い求めの購入店へご相談ください。

なお、凍結による故障,破損の場合は保証期間内であっても有償修理となります。
修理のご依頼はユノカ コールセンターまたはお問い合わせフォームまでお愛用の製品の品番をお知らせください。

 

凍結防止およびエラー表示:E25 について

浴槽アダプターまで残り湯がないと、リモコンにエラー「E25」を表示し、浴槽循環ポンプによる凍結防止運転を停止します。(浴槽リモコンのぬるくスイッチを押し、さし水をするとエラーは解除できます。)

入浴後の残り湯を使って自動で断続して循環し、ふろ配管の凍結を防止します。

  • 浴後、排水せずに浴槽の湯を残す
    (浴槽に残すお湯の目安は浴槽アダプターより約5cm以上です。)
  • そのまま放置する
    外気温が低くなると凍結防止運転のために浴槽循環ポンプを動作させて浴槽の残り湯を循環します。動作中は浴室リモコンに▶マークが順送りで表示します。外気温が低いときは、浴槽内の水が常に浴槽アダプターより上にある状態でご使用ください。

 

停止日数を設定しているときや沸増しを設定していないときでも、凍結防止運転のため浴槽循環ポンプが動作することがあります。

給水・給湯配管が凍結し、配管が破損する場合があります。
凍結防止の設定について詳しくは各製品の取扱説明書をご確認ください。

 

周辺の配管,部品に対する凍結防止のための断熱材や保温ヒータによる保護工事は機器をお買い求めの購入店へご相談ください。

なお、凍結による故障,破損の場合は保証期間内であっても有償修理となります。

修理のご依頼はユノカ コールセンターまたはお問い合わせフォームまでお愛用の製品の品番をお知らせください。

 

ご使用の機器の品番をご確認のうえ,ご確認ください。

品番の確認方法

  1. 保証書(紙面左上)
  2. 給湯器タンク本体(正面右下)に貼付の銘板
  3. 購入店へお問い合わせ

品番は以下のような英数字10桁前後です。

例:YU37NNBH-N01

品番の「-(ハイフン)」以下を確認し,以下よりご使用の機器の取扱説明書(抜粋)をご確認ください。

こちらに掲載のない機種は給湯器側での設定は不要です。
周辺の配管,部品に対する凍結防止のための保護を行ってください。
保護工事は機器をお買い求めの購入店へご相談ください。

電気温水器 CB01からCB04 CB01_CB04.pdf
L18 から L27 L18_L27.pdf
MC01 から MC04 MC01_MC04.pdf
エコキュート DG01,DG02 DG01_DG02.pdf
HP01 から HP08 HP01_HP08.pdf
MG01からMG06 MG01_MG06.pdf
N01から N12 N01_N12.pdf
Z01 から Z03 Z01_Z03.pdf
Z04,Z05 Z04_Z05.pdf
Z06,Z07 Z06_Z07.pdf
Z08,Z09 Z08_Z09.pdf

お問合せ先

電話によるお問合せ(通話料無料)

0120-911-365

【スタッフによる受付時間】
  9:00〜19:00(月~金曜日)
  9:00〜17:00(土曜日・弊社指定休日)
【留守番電話による受付時間】
  上記時間帯以外・日曜・祝日

メールによるお問合せ