ホーム > プレスリリース > 2009年01月09日ユノカエコキュート・電気温水器をお使いのお客様へ 配管が凍結した場合の対応について

2009年01月09日ユノカエコキュート・電気温水器をお使いのお客様へ 配管が凍結した場合の対応について

先日より、水道管や給湯管の凍結が原因でお湯が出ない、というお問い合わせを多く頂いております。基本的には気温の上昇による自然解凍をお待ちいただきますが、すぐにお湯が必要な場合は以下の方法をお試しください。

【手順】
  1. エコキュート・電気温水器につながっている保温材が巻かれていない部分の配管(給湯、給水)に、水または水に近いぬるま湯(10℃〜20℃)をゆっくりかけてください。タオル等を配管に巻いてぬるま湯をかけると、より効果的で水が垂れません。
  2. お湯が出始めたら、配管まわりについた水を乾いた布でふき取ってください。
【凍結の予防】
  1. 寒い間は露出している配管に布や新聞紙を巻いて頂きますと凍結防止に効果的です。
  2. 給湯栓(お湯側のバルブ)を朝まで水滴がポタポタと落ちる程度に開いてください。
    この場合、開きすぎますと翌日の湯切れの原因となります。
【注意点】
  • お湯・熱湯をかけますと、急激な温度の変化によって配管が破れる(破裂)恐れがあります。
  • 電気温水器本体や電源コード、リモコン線には水をかけないでください。
  • お湯が出るようになっても、配管から水漏れがないかご確認のうえ、使用してください。

※上記の方法を試されてもお湯が出てこない場合は、埋設部分や屋内配管が凍結していることが考えられます。
気温の上昇による自然解凍をお待ちください。

プレスリリーストップへ戻る

ページの先頭へ戻る